MENU

レゴデュプロ互換性のある基礎板を買って実際に遊んで比較してみた

デュプロで遊ぶなら持っていて欲しい基礎板。

レゴ社の基礎板がいいけれど、高くて何枚も買えない・・・。

他メーカーの互換性のある基礎板はどうなの?メーカーの違う基礎板を買って比較してみました。

この記事では以下の内容をお伝えします。
  • 2つの他メーカーさんの基礎板とレゴデュプロの基礎板をいろいろ比べてみた。
  • 他メーカーの基礎板はサイズや色がさまざま。
  • 金額はデュプロ基礎板(1枚)と他メーカー(3枚セット)の2個が同じくらい

2種類の基礎板を選んだ理由は、

  • ランキングが高い
  • 評価が高い

この2点で選びました。

ぜひ記事を参考にしてみてください!

※本ページはプロモーションが含まれています

目次

比較した基礎板一覧

Sunwards 社Radiant Party 社レゴ®
商品名基礎板3枚セット基礎板 3枚セットデュプロ 基礎板(緑)
画像
サイズ25.5㎝×19.1㎝縦横25.9㎝縦横38㎝
ポッチ12×16ポッチ16×16ポッチ24×24ポッチ
価格999円
(333円/枚)
999円~1,190円
(333円~397円/枚)
1,700円~1,980円

違ったところ

金額

Sunwards社 基礎板3枚セットは999円

Radiant Party社 基礎板 3枚セット999円~1,190円

レゴ® 社 デュプロ 基礎板(緑)1700円~(LEGO公式価格1,980円)

Sunwards社の3枚セットRadiant Party社 3枚セットの計6枚と、

レゴ® 社 デュプロ 基礎板1枚が同じぐらいの金額になります。

互換品は相当お安いです。

基礎板金額

サイズ

レゴ® 社 から発売されているデュプロの基礎板は紹介している縦横38㎝のサイズのみ

互換品は様々なサイズが数枚セットで販売されています。

今回購入した、Sunwards社の基礎板は、レゴデュプロのコンテナの中に収納することができます

スーパーデラックス 10914
デラックスセット10913

Radiant Party社の基礎板は、レゴクラッシックの基礎板と同じサイズです。

16x16ポッチ

レゴデュプロの基礎板は緑色のみです。

互換性のあるメーカーの基礎板は、緑・黄緑・黄・ピンク・グレーなどあります♪

基礎板いろいろ

互換品の角は鋭い

刻印と角

レゴデュプロの基礎板はポッチを一つなくして角をゆるやかなカーブにしてあります。

互換品はポッチがあるため?角が鋭角に見えます。

刻印

レゴデュプロの基礎板はポッチに刻印が入っています。

そして裏面にも入っています。

刻印と角
刻印裏

互換品はところどころに凹型ポッチ

互換品にはところどころに凹型ポッチ(スタッド)があります。

凹型ポッチ1

同じところ

使い心地

使って遊んでみた感じ、違いは感じられませんでした。

アルファベットの作り方はこちらからどうぞ。

厚み

互換品の厚みは薄いのでは?と勝手に思っていましたが、使って遊んでみましたが厚みの違いは感じられませんでした。

基礎板厚み

しなり具合も同等と感じます。

結局どの基礎板がおすすめ?

私は基礎板は何枚か持っていて欲しいと思い、ご家庭のお財布事情だったり、使い勝手の良さなどで購入すればいい。と感じました。

デュプロの緑もいいし、青もピンクも映えていい!

基礎板結論

旅行や帰省の場合はコンテナに収まる基礎板がいい。

クラッシックの基礎板と同じサイズの方が今後収納する時便利。など用途に応じて購入もありだとおもいます。

数枚持っていると、お子さまの創造力を高めてくれることでしょう。

まとめ

レゴデュプロの基礎板互換品の基礎板は、

  • レゴデュプロの基礎板は1種類のみ
  • 互換品の基礎板はサイズや色がさまざまで安い
  • 互換品の基礎板の角に注意
  • 使い心地や厚みは同等

基礎板は複数枚持っていて欲しいおすすめ知育玩具です。

あさり
レゴ歴 15年 双子の子供たちは地域で1番の高校(理数科)に2人とも合格!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次